交通事故と弁護士費用特約

自動車の運行によって起こしてしまった交通事故の場合、もし任意の自動車保険に加入していれば、一般的には損害保険会社のほうに依頼をすれば、相手との示談交渉を代行してもらうことができます。


この示談交渉サービスは、原則として相手の側にも何らかの交通事故に対する過失がある場合について可能となるもので、より具体的には相手側とこちら側との過失割合を交渉によって決定し、その割合にしたがって保険金の支払金額を見積もるということになります。
しかし、たとえば信号待ちの自動車に対して、相手が後ろから一方的に追突してきたような事故の場合、相手のほうの過失割合が100パーセントになるというのが実務上はっきりしていますので、示談交渉をする余地がなく、したがって損害保険会社のサービスも使えないということになります。

口コミ評判の高いAll Aboutの最新情報が知りたい方にはこちらです。

こうした場合にもし何らかの手違いで相手と損害賠償をめぐるトラブルになった場合、損害保険会社の関与する幕はありませんので、弁護士に処理を依頼するのが適切です。



弁護士に交通事故がらみのトラブル処理を依頼する場合、損害保険会社とは違って、着手金や報酬金など、多額の費用がかかります。

もし自動車保険のなかで弁護士費用特約とよばれる特約を契約していた場合には、こうした費用についても保険金というかたちで支払いがされますので、費用面を気にすることなく、当事者としてのさまざまな要望を弁護士に伝え、その方針に沿って対応してもらうことが可能となります。

交通事故の事例情報があれば全てが解決します。